息子の彼女が気になる!太い!年上!フリーター!気に入らない時の対処法

何度目であっても「今度彼女連れてくるわ」と言うセリフに母親はドキドキするもの。ましてや、初めての場合なら、もうそれはそれはその日が来るまで常に頭から離れなくなるでしょう。

そして連れてきた彼女を見て「あれ・・・?なんか想像してたのと違う・・・。」となったことはありませんか?

このなんとも言えない違和感やがっかりした気持ち。世間の母はどう対処しているのでしょうか。

「太い」「年上」「フリーター」息子の彼女はなぜ気になる?

あなたが付き合っているわけでも、連れて歩くわけでもないのに、太っていたり、ブサイクだったりするとなんだか嬉しくない・・・。

あなたがご馳走するわけでも、面倒を見るわけでもないのに、フリーターやニートだと嫌悪感・・・。

そもそも、なぜ息子の彼女が気になってしまうのでしょうか。

①ただの興味

身近な存在の恋愛は誰しも気になるものです。子どもの学校の先生が彼女と歩いているところを見ただけも「スクープ!」と思ってしまうその心理です。

毎日一緒に過ごす息子の彼女、多少気になるのは当然です。「息子だから」気になるのではなく、ただ単に自分以外の恋愛事情が気になるだけなのかもしれません。

②癒着や依存

心理学に「癒着」という言葉がります。

●癒着とは●
心理学で、“本当は離れているものがくっついている状態”のことをあらわすときに癒着という言葉を使います。
この心理的に癒着が起きている時は、相手と自分の境目が当の本人にはわからなくなってしまうことがあります。
自分の人生と相手の人生の境目がわからなくなってしまうことや、自分の問題と相手の問題の境目がわからなくなってしまうことや、相手の感情と自分の感情の境目がわからなくなってしまうことがあるようです。

カウンセリングサービスHPより

この「癒着」は親子によく生じる現象です。

可愛くない彼女を「恥ずかしい」と思ったり、息子にお金を払わせているニートの彼女が「許せない!」と強く思う場合、もしかすると「自分と息子」の境目が分からなくなっている「癒着」の状態かもしれません。

③嫉妬

大切に大切に育ててきた息子。「私のもの」だと思っていませんか?

「とられたくない」という心理から、ライバルとして彼女が気になるのかもしれません。

「息子の彼女」はあなたにとって?

では、「息子の彼女」はあなたにとってどんな存在なのでしょうか。

答えから言うと・・・

他人です。

 

あなたは自分が育てた息子の彼女だから、何かとその付き合いや彼女の態度に口出ししてもいいと思っているかもしれません。が、それは完全な勘違いです。ましてや上から「ブサイク」「太ってる」なんて見下ろせる立場なんかではありません。

そもそも息子さんはあなたの一部でもなければ、所有物でもありません。ましてや彼女を連れてくるような年齢。立派な別人格です。そんな息子さんが連れてきた彼女なんてもはや他人。

あなたがどうこう言える存在ではありません。

 

これを読んで、

 

「は?何言ってんの?」

「母親なんだから意見言う権利あるでしょ!」

 

と目くじらをたてたあなたは、癒着や依存、もしくは嫉妬心など、息子さんとの関係を見直す必要があるかもしれません。

これからどんどん親離れをしていく息子さんとの関係の中で、「癒着」「依存」「嫉妬心」はどれも悪影響を及ぼします。早めの対処が必要です。

それでも「息子の彼女」が気に入らない時

先ほど「息子の彼女は他人」であり、あなたが口出し出来る存在ではない。とお伝えしました。

が、それでもどうしても気になる。気に入らない。という人も多いでしょう。そんな時はどうすればいいかおすすめの方法をお伝えしたいと思います。

①自分と「息子の彼女」の関係を考える

■別れれば他人

息子の彼女は、息子と付き合っているから生まれる関係であり、別れてしまえば会う事も話す事もなくなる完全なる他人です。

期間限定の関係ならば、どんな存在であろうと多少目をつぶることも出来るでしょう。息子さんが若ければ若いほどかなりの高確率で別れます。大丈夫。すぐに跡形も消えてなくなる存在です。目くじらを立てるのはやめましょう。

■結婚すれば家族

ここまで「他人」「他人」と言ってきましたが、もし息子さんと彼女が結婚すると、恐ろしいことに「家族」となります。

「彼女」の時は大人しくあなたも強気でいられたとしても、嫁となれば話は別です。今の時代の「嫁」はめちゃくちゃ強い。姑になんて屈さないし、嫌な付き合いを黙って続けたりはしません。

彼女という立場の時にあなたから受けた仕打ちは、嫁となり権力を持った時、何倍、何十倍にしてあなたに返してくるでしょう。今のあなたの態度次第で、「息子にも孫にも会えない寂しい老後」が待ち受けています。

②あなたが本当に望んでいる事を考える

そもそもあなたが望んでいることは何でしょうか。

彼女を傷つけること?

幸せそうなカップルを破局へ導くこと?

違いますよね。きっとあなたが望んでいることは「息子の幸せ」と「今まで通りの親子関係」のはずです。

大好きで大切な彼女の事を悪く言われた息子さんはどう思うでしょうか。

きちんと紹介したのに不愛想な態度をとる母を見た息子さんはどう思うでしょうか。

自分の幸せを喜んでくれない母を好きでいられるでしょうか。

あなたが「息子の彼女が気に入らない!」としてそれを行動に移してしまうと、あなたが求めるものは絶対に手に入らなくなります。

③息子を信じる

彼女がブサイクでも、太っていても、息子さんはそれも含めて好きだと思っているのだから、あなたが気にする必要はこれっぽっちもありません。むしろ、外見で判断しない立派な人間に育ったと自分を褒めてもいいくらいです。

もし、息子の彼女があなたに対して態度が悪かったり攻撃的であった時は、きっとあなたが手を下すまでもなく、きっと息子さん自身が彼女の人間性に気づいて別れを選択する時がくるでしょう。

恋は盲目。燃え上がっている時は悪いところが目に入らないし、周りから何を言われても耳に入りませんが。

しかし、落ち着いてきたらあなたに言われるまでもなく、息子さん自身が彼女の本性に気づくでしょう。自分が育てた息子を信じられませんか?彼女をきちんと紹介するような息子さんですから、きっと大丈夫です。

【いまこと】~あなたが今すべきこと大切なこと~

「息子の彼女」というのはとても特殊な存在です。別れれば他人、結婚すれば家族、でもあなたの意志では決められない。もどかしい関係です。

しかし、あなたが今すべきことはたったひとつ。

文句を言うでもなく、別れるよう仕向けるでもなく、ただ見守ることです。

あなたのせいで破局すれば、あなたと息子さんの関係が崩れます。

あなたの妨害にもめげず結婚すれば、嫁の逆襲により、あなたの老後は悲惨なものになります。

息子さんのため、自分のために、あなたが今すべきたったひとつのことは「見守る」ことです。